れんこんの魅力

Charm of lotus root

れんこんの調理方法

調理方法


くせがなく調理しやすい食材です。


れんこんをそのまま活かした料理はもちろんのこと、ケーキや麺にも応用できるなど、たいへん便利な食材です。

れんこんの実も食べれます

生のままで、包皮をむくと中に実があります。中の実はほのかに甘みがあります。
実の他に、おこわを包むなどして葉も使われています。

れんこんを料理する時、色が変わらないようにする方法は?

れんこんは時間が経つにつれて、空気に触れると黒ずみます。
従って皮をむいたらすぐに水にさらしてください。
水に少量の酢を加えると、より白くきれいになります。(目安は水1カップに酢大さじ1の割合)
当社もクエン酸を加えて色どめしています。

茹でる時にも、酢を少量加えると、白くきれいに茹であがります。
そして、コツは「フタをしないで煮ること」です。
加熱を控えめにすることが、サクサクした歯ざわりに仕上がります。



リクルート

現在募集している求人情報を掲載中