れんこんの魅力

Charm of lotus root

れんこんの栄養素

栄養素について



れんこんは健康野菜!ビタミンCはいちごと同等!カリウムはバナナ以上!食物繊維も豊富


れんこんの主成分の糖質とでんぷん。不足しがちな亜鉛や銅、鉄などのミネラルも多く含みます。
根菜の得意とする食物繊維もたっぷり! 胃腸の働きを活発にします。コレステロールを下げる効果も。

食物繊維

れんこんを食べた時に糸を引くことがあります。それは不溶性食物繊維です。
腸内環境を整えることが期待されています。

タンニン

黒ずみの原因はポリフェノールであるタンニンという成分。
タンニンの消炎・収れん作用により胃の負担を軽減し、疲れた胃腸のトラブルを解消するのに役立つと言われます。
血圧降下作用、止血作用も。

ビタミンC

ビタミンCはミカンの1.5倍と豊富、いちごと同等です。
れんこん100gで一日の必要摂取量に相当します。 熱に弱いビタミンCですが、でんぷん質が多いため、加熱しても壊れにくく効率よく摂取できます。

漢方、古い民間療法

漢方では「古血を散らし、病後の渇きを止め、産後のうっ血を治す」とあります。
節に利尿作用のあるカリウムが豊富で、干して保存しておいたものを煎じると、むくみの解消に役立つとされています。
中国では茎、葉、実、花弁など、ほとんど全ての部位が薬用に用いられ、滋養強壮に効果があると言われています。
古い民間療法ですが、新鮮なれんこんの、特に節の部分をすりおろしてしぼった汁を飲むと、たんを切り、咳止めや二日酔いに効果があると言われています。


リクルート

現在募集している求人情報を掲載中