カット野菜

カット野菜ができる流れ

カット野菜の製造工程をお知らせします。



農園より原料を入荷


野菜は鮮度が命です。
契約農園より、とれたて新鮮な素材を仕入れております。

素材の選別

入荷した野菜をチェック。
基準を満たした素材のみを選別します。

皮むき

手作業で皮むきを行います。
かぼちゃの場合、綿取り、皮むきを行います。



洗い、カット(手切り)などの下処理工程


お客様のご要望に応じた形状・大きさに野菜をカットします。
一部機械でカットしますが手切りがほとんどです。手切りは見た目を図り、大きさを覚えカット(乱切り、角切り)します。

牛蒡のように形状が曲がっているような野菜、サツマイモのように力の加減を機械では難しい野菜などは熟練のスタッフが心を込めて対応します。
よく工場見学をされる品質管理担当様はカット工程を興味深く見て頂きます。
例えば、牛蒡は曲がり具合を見て、手で牛蒡を回転させ角度調整しながらカットします。

また殺菌処理を行い脱水処理をいたします。



アク抜き


アク抜きが必要なものは、素材にあった方法でアク抜き・色どめ。


包装工程


ご注文に応じた分量にパックします。



品質点検


各工程で常に品質チェックを行い、出荷前には最終チェックを実施します。
ご注文通りにカットされているか、計量は間違いないか、異物混入はないか等確認します。
人の眼だけではなく、金属探知機、選別機を活用して異物混入対策をしています。
また、今年度はX線検査機を導入しましたので、れんこんの土をより取り除く精度が向上しました。



出荷


温度管理を徹底して、お客様のもとへお届けします。


リクルート

現在募集している求人情報を掲載中